丸ちゃんの井戸端会議

博士まるちゃん道路って?

シェア

花粉症でお悩みの皆様、本日は凄いですね。

最近、登場頻度が更に上がっているベンどぇす!

これで4連続投稿(笑) (⊹^◡^)ノo

いきなりですが、みなさん。

道路ってあるでしょ?道路! (´σ `)? 

これって、誰が見ても道路は道路なんだけど、

道路にも色々あるの知ってましたか?

たまたま当社のお客様が購入する物件の道路の件で、

社内で話していたのを思い出したので書きます。(人´∀`)

今回は、建築基準法上の道路について簡単に触れます。

詳しく書くととんでもない量があるので、各自調べて下さい。

あくまでも参考程度に!(笑)

まず、不動産を買って家を建てる場合、必ずチェックしなければ

ならない事があります。

建物の敷地は、道路に2m以上接していなければ家が建ちません。

建てられません。ёё≡ Σ(ω |||) エェェェッ! 

これをクリア出来ていない土地を商品として出している不動産会社は少ないので

ほぼ安心かと思います。(´∀`)ノ ’`ィ 

道路の幅員って狭い道路から、広い道路まで色々あるけど、建築基準法上の道路の

中で良く聞くものは、おおまかに下記の3通りです。(本当はもっと多い)

① 建築基準法42条第1項第1号道路(1項1号道路)

道路法による道路で幅員4メートル以上のもの。

簡単に言うと高速道路・国道とかの俗にいう公道ってヤツだね。

② 建築基準法42条第1項第2号道路(1項2号道路)

都市計画法、土地区画整理法などに関する法律等の法令により許認可を受けて築造された道路で幅員が4メートル以上のもの。

簡単に言うと、丸正産業の開発現場で作られた4メートル以上の道路って感じかな?

③ 建築基準法42条第2項の道路(2項道路)

第1項で、建築基準法上の「道路」は幅員4m以上でなければならないのが原則ですが、例外的に4m未満でも道路とみなされる場合があります。

みなし道路とも言われています。

現に建築物が建ち並んでいる幅員4メートル未満の道で、

特定行政庁が指定したもの。

この2項道路ってヤツが色々とあるんですYO。(。=`ω´=)ぇ? 

建物を建築する際、セットバックが必要になるから注意が必要!

土地が減るって事!

左の図のように道路幅員が4メートル以上ある場合は問題ないが、

右の図のように4メートル未満の場合は、道路の中心線から2メートル下がって

建築するよう指導を受ける場合があります。

買った面積と実際に建築する時の面積と差がでます。

だから土地が減るって事。

さらに、道路の反対側が、川や崖などの場合は、一方後退といい、

道路の反対側の境界線から4メートル下がったところが道路境界と

なります。注意ですよ!!( ゚ ω ゚ ) ! ! 

建て替えとかの場合は注意ですね。

こういう道路良く見るでしょ??

人間は血管が命です。血管が詰まると脳梗塞などの大きな病気に侵されます。

不動産も道路が命です。

道路は、人間で言う血管と同じなんです。道路が狭いと車のすれ違いも

出来なく、大きな事故にもなりかねません。

丸正産業の分譲地は、5メートル~6メートルの開発新設道路です。

大変ゆとりのある分譲地です。

いわゆる、建築基準法42条第1項第2号道路(1項2号道路)なのです。

この記事の感想をクリック!(各記事1人1回まで)

  • いいネ!(0)
  • なるほどネ!(4)
  • お疲れ様!(0)

  1. だっち だっち
  2. ベン ベン
  3. ビッケ ビッケ
  4. ベン ベン
  5. もちょす もちょす